2009年09月05日

ふじ山森の会シンポジウムin富士宮市

ふじ山森の会は、その活動現場を静岡県富士宮市に置いています。
会員の有志が、毎週『みんなの広場』の
整備ボランティアに参加して下さったりしています。

P7051621.jpg

真夏の炎天下
汗だくになっての作業に、頭が下がります。
本当に感謝の言葉もありません。


回収作業にも、多くのボランティアさんが参加して下さっています。

P5251533.jpg

P5251540.jpg

私たち会が行っている活動は、
間伐材や伐採木などの中で、建材などにならず、
搬出費用が捻出できずに仕方なく森林や山林に放置
しざろう得ない木々を回収し、薪へと加工して使用し、
その後出た灰を大地へ還すものですが、
そもそも、なぜ間伐をしなくてはならないのか?
健全な森林とはどんな状態をいうのか?

シンポジウムという形で、広く皆さんにも知っていただきたいと考えています。

9月20日日曜日。

富士宮市文化会館にて、当会オリジナルの環境読本を無料配布します。
もちろん、入場無料。
多くの方に、富士山とその周辺森林の現状と間伐に関して知っていただけたら、と思っています。



posted by Macky at 19:29| 静岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。