2009年09月23日

フォーラムを終えて

20日の反響を様々な方から頂いております。
初めての屋内でのイベント。
初めてのシンポジウム。
当会は、今年発足をし、さまざまな方々のサポートがあり、
今日に至っております。

今回のシンポジウムに参加して下さった一般の方々や会員の方々。
そして、裏方を走り回ったスタッフとして参加して下さった方々…
本当にありがとうございました。

今回、司会を引き受けて下さった会員の柴田さん、
汗だくになって駐車場係りをして下さった鈴木さん、深澤さん、
受付で丁寧な対応をして下さった鈴木さんやゆりさん
ずーっと立ち尽くしだった小林さん、鈴木彰さん、かずくん
裏方でみなさんに気を遣って下さった小林さん、加賀山さん…
お名前を挙げるときりがないほどに、
数多くのみなさんに支えられ、無事に終えることができました。

富士農林の藤田さんは、後片付けまで手伝って下さいましたm(_ _)m

さまざまな方から今回のシンポジウムに参加したことで、
森林の話題が増えたよ、といわれます。
富士山の周辺の地下水や森林の話題が家族で話された――これは、
本当に嬉しいことです。

Pim0056環境読本.JPG

環境読本もみなさんじっくり読んで下さっているようで、
ありがたく思っています。

これからも、ふじ森の活動をどうかみなさん一緒に
頑張って行きましょう!

電話を切るとき、この一言を先に言われる今日この頃。
嬉しくも有り、ありがたいことだな、と
思っています。

posted by Macky at 18:50| 静岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。